多焦点眼内レンズ希望の患者さまへ

メガネをしたくない方には、大変喜ばれる眼内レンズです。

現在まだ主流の単焦点眼内レンズは非常によい結果をもたらすのですが、その欠点は調節力がない、つまり手術後もメガネが必要になることが多い点でした。
それに対し、メガネをするのに非常に抵抗があるという患者さんには、今までのレンズに比べてメガネを使用する頻度が極めて少ないレンズ、それが多焦点眼内レンズです。

ただし、単焦点レンズに比較し、幾つか大きくちがう点があるので、その特徴をよく理解してから決めていただくのが良いでしょう。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの特徴の比較

単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
手術後のメガネ使用 メガネを必要とするひとが8割以上 メガネを必要とするひとは2割くらい
車の運転 ほとんどが可能 2割のひとが夜の運転がしにくいと感じる
費用 保険適応 通常の保険適応がありません、一部の多焦点眼内レンズに高度先進医療が認められています
見え方に慣れるまでの時間 術後の見え方の慣れは早い 術後の見え方に慣れるのに1~2週間、場合により数か月
当院での使用者 95%以上 5%以下
手術の難しさ 普通 やや難しい場合あり、特に乱視がある眼など
レンズが合わず交換手術が必要になる可能性 1000分の1以下 約100分の1くらいに入れ替えが必要になるひとあり

多焦点眼内レンズの特徴

多焦点眼内レンズを使用した場合、メガネを使用しなくても日常生活ができるという点はよいのですが、非常に細かい作業や夜間の車の運転には向かない場合があります。
これはメガネをしても解決しない場合があります。
非常に細かい文字や図表などを見た時は、色が薄く見えてくっきりしないと感じる可能性があります(コントラスト感度の低下)。

夜の屋外の外灯、屋内の照明を見ると強く光が散るように見える場合があります(グレア)また光に輪がかかって見えることもあります(ハロー)。

多焦点眼内レンズは単焦点レンズに比べてかなり微妙な調整が必要です。乱視の影響、年齢の影響もあるので診察や検査をして適応するか調べます。
うまく適合したひとの喜びは大きいのですがときおり多焦点レンズの特徴に慣れないひとがあり多焦点レンズを単焦点レンズに入れ替えることが必要になることもあります。

多焦点眼内レンズは健康保険の適用がありませんので高額になりますが、先進医療に該当するタイプの多焦点眼内レンズは保険給付の対象となりますので、お金をかけてもメガネをかけたくない人には向いています。
ご希望の方は先進医療特約保険に加入されているかご確認ください。

当院で採用している多焦点眼内レンズ

テクニスマルチ(先進医療に該当する多焦点レンズ)(アメリカ製)

テクニスマルチという多焦点レンズの費用は片眼につき41万円です。健康保険の適用ではないので自費になりますが、先進医療特約保険に加入されている方は保険給付の対象となります。

レストア、レストアトーリック(先進医療に該当する多焦点レンズ)(アメリカ製)

このレンズはいち早く日本で許可された多焦点レンズです。最近は乱視入りのレンズが登場しました。
遠方+近方30㎝、遠方+近方40~50cm、遠方+中間距離の3種類があります。

iSii (アイシー)HOYA社(先進医療に該当する多焦点レンズ)(日本製)

最近登場したレンズです。中間距離を重視したレンズです。

レンティス(先進医療に該当しない多焦点レンズ)(ドイツ製)

レンティスMプラスという多焦点レンズは、コントラスト感度の低下が少なく他の多焦点眼内レンズより夜の運転などがしやすいレンズです。
快適な見え方が得られ最近評判です。

乱視がある眼には個人の眼の度数を非常に細かい精度で度数計算ができるレンズです。注文生産になるので注文から手術まで約1か月お待ちいただきます。
健康保険・先進医療とも該当しませんので、自費診療となります。

費用は片眼46万5千円で、乱視矯正が必要な場合は48万5千円となります。
費用には【手術前検査・手術・レンズ代・手術後3ヶ月までの診療費・薬剤費】が含まれます。

高度先進医療とは

十分な実績があると厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる、高度な先進技術を駆使した新しい技術のことです。

眼科領域での先進医療は、「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」です。
これにより、先進医療該当の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術前後の検査・診察・投薬等の費用は保険診療内での負担とすることができるようになりました。(手術当日のみ自費負担となります。)

当院は2010年3月より「多焦点レンズを用いた白内障手術」において『先進医療実施医療機関』に認定されました。
※詳しくは厚生労働省のHPを御覧下さい。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/